TOP  >  がん臨床研究情報  >  論文情報  >  CRが得られたびまん性大細胞B細胞リンパ腫に対してはアフィニトールは良好な効果を示さない

がん臨床研究情報

CRが得られたびまん性大細胞B細胞リンパ腫に対してはアフィニトールは良好な効果を示さない

カテゴリ : 
論文情報
閲覧 (61)

 [更新日:2018年8月28日]

 mTOR阻害薬として知られるエベロリムス(商品名アフィニトール)は,腎細胞がんや神経内分泌腫瘍に対して効果的な薬剤であることが知られています。Annals of Oncology誌に,シクロホスファミド,ドキソルビシン,ビンクリスチン,プレドニゾン併用のCHOP療法などの化学療法に抗CD20抗体であるリツキシマブ(商品名リツキサン)を併用するR-CHOP療法などを1次療法による完全寛解(CR)が得られたびまん性大細胞B細胞リンパ腫(DLBCL)患者を対象に,エベロリムスを1年間投与する群の効果を評価するプラセボ比較,二重盲検,ランダム化比較第III相試験(PILLAR-2試験)結果が掲載されています。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません