TOP  >  がん臨床研究情報  >  論文情報  >  転移性トリプルネガティブ乳がんの1次療法は,アブラキサンとカルボプラチンの週1回投与が良好!?

がん臨床研究情報

転移性トリプルネガティブ乳がんの1次療法は,アブラキサンとカルボプラチンの週1回投与が良好!?

カテゴリ : 
論文情報
閲覧 (67)

 [更新日:2018年6月15日]

 転移性トリプルネガティブ乳がんに対しては,効果的な治療法が少なく,予後不良と考えられています。Annals of Oncology誌に,これまで化学療法の経験のない転移性トリプルネガティブ乳がんを対照に,アルブミン結合パクリタキセル(nab-パクリタキセル,商品名アブラキサン)とカルボプラチンの週1回投与群,nab-パクリタキセルとゲムシタビン週1回投与群,ゲムシタビンとカルボプラチンの週1回投与群の効果を比較するオープンラベル,ランダム化比較第II相試験(tnAcity試験)結果が掲載されています。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません