TOP  >  がん臨床研究情報  >  論文情報  >  HER2陽性初期乳がんの術後補助療法としてのハーセプチンは1年間投与する必要があるか?

がん臨床研究情報

HER2陽性初期乳がんの術後補助療法としてのハーセプチンは1年間投与する必要があるか?

カテゴリ : 
論文情報
閲覧 (46)

 [更新日:2018年6月4日]

 HER2陽性初期乳がん患者に対する術後補助療法として,化学療法にトラスツズマブ(商品名ハーセプチン)を1年投与することが6ヵ月投与に比較して効果的であることが報告されています。JAMA Oncology誌のオンライン版にHER2陽性初期乳がん患者を対象にドセタキセル3週毎投与とトラスツズマブを9週投与した後,5-FU,エピルビシン,シクロホスファミド併用のFEC療法を3サイクル行いトラスツズマブを投与しない群とFEC療法にトラスツズマブを1年間投与する群をの効果と安全性を比較した,オープンラベル,ランダム化比較第III相試験(SOLD試験)結果が掲載されています。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません