TOP  >  がん臨床研究情報  >  論文情報  >  HER2陽性,ホルモン受容体陽性乳がんの2次療法として,ハーセプチンとタイケルブの併用が必要か?

がん臨床研究情報

HER2陽性,ホルモン受容体陽性乳がんの2次療法として,ハーセプチンとタイケルブの併用が必要か?

カテゴリ : 
論文情報
閲覧 (73)

 [更新日:2018年5月18日]

  HER2陽性,ホルモン受容体陽性乳がんにはホルモン療法と抗HER2療法が効果的であることが知られています。Journal of Clinical Oncology誌に,これまでホルモン療法を行い化学療法と術前療法または1次療法のトラスズマブ(商品名ハーセプチン)を併用にも関わらず増悪を認めたHER2陽性,ホルモン受容体陽性転移性乳がん患者を対象に,アロマターゼ阻害薬に併用する抗HER2療法として,トラスツズマブ単独投与群を比較対照群にして,ラパチニブ(商品名タイケルブ)とトラスツズマブ併用投与群,ラパチニブ単独投与群とラパチニブ単独投与群の効果を比較するオープンラベル,ランダム化比較第III相試験(ALTERNATIVE試験)結果が掲載されています。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません