TOP  >  がん臨床研究情報  >  論文情報  >  転移性乳がんに対する3次療法以降の治療としてのビンフルニンの効果

がん臨床研究情報

転移性乳がんに対する3次療法以降の治療としてのビンフルニンの効果

カテゴリ : 
論文情報
閲覧 (58)

 [更新日:2018年4月10日]

 転移性乳がんに対する3次療法以降の標準治療に関しては未だ確定されていないのが実情と思います。Annals of Oncology誌のオンライン版に,これまで種々の治療を行ってきた転移性乳がん患者を対象に,新たなビンカアルカロイド系微小管作用薬として知られるビンフルニンと主治医が選択するアルキル化剤との効果を比較するオープンラベル,ランダム化比較第III相試験結果が掲載されています。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません