TOP  >  がん臨床研究情報  >  論文情報  >  転移性ホルモン感受性前立腺がんに対するドセタキセルとアンドロゲン枯渇療法の併用効果

がん臨床研究情報

転移性ホルモン感受性前立腺がんに対するドセタキセルとアンドロゲン枯渇療法の併用効果

カテゴリ : 
論文情報
閲覧 (106)

 [更新日:2018年3月2日]

 転移性ホルモン感受性前立腺腺がんに対して,ドセタキセルはアンドロゲン枯渇療法に併用することで,全生存期間を有意に改善することがランダム化比較第III相試験(E3805試験/CHAARTED試験)で報告されています。Journal of Clinical Oncology誌のオンライン版に,この試験の長期追跡結果が掲載されています。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません