TOP  >  がん臨床研究情報  >  論文情報  >  転移性大腸がんの導入化学療法後のアバスチンの維持療法は効果的か?

がん臨床研究情報

転移性大腸がんの導入化学療法後のアバスチンの維持療法は効果的か?

カテゴリ : 
論文情報
閲覧 (121)

 [更新日:2018年2月7日]

 転移性大腸がんに対する導入化学療法後の化学療法を行わない時期にベバシズマブ(商品名アバスチン)維持療法の効果に関しては,いまだ結論は出ていないようです。Journal of Clinical Oncology誌のオンライン版に5-FU,ホリナート,イリノテカン併用のFOLFIRI療法による導入化学療法後の化学療法を行わない時期にベバシズマブ単独維持療法を行う群と治療を行わない群の効果を比較するオープンラベル,ランダム化比較第III相試験(PRODIGE9試験)結果が掲載されています。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません