TOP  >  がん臨床研究情報  >  論文情報  >  CD20陽性濾胞性リンパ腫に対しては,リツキサンよりオビヌツズマブが効果的!?

がん臨床研究情報

CD20陽性濾胞性リンパ腫に対しては,リツキサンよりオビヌツズマブが効果的!?

カテゴリ : 
論文情報
閲覧 (29)

 [更新日:2017年10月13日]

 B細胞上に発現するCD20に対する抗体としてリツキシマブ(商品名リツキサン)が知られていますが,糖鎖改変型タイプII抗CD20モノクローナル抗体としてオビヌツズマブ(商品名Gazyva)が開発され,米国などでは濾胞性リンパ腫(FL)や慢性リンパ性白血病(CLL)の治療薬として知られています。New England Journal of Medicine誌にCD-20陽性濾胞性リンパ腫に対する1次療法として,標準化学療法にリツキシマブ併用する群とオビヌツズマブ併用群の効果を比較するランダム化比較第III相試験(GALLIUM試験)結果が掲載されています。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません