TOP  >  がん臨床研究情報  >  論文情報  >  閉経後ホルモン受容体陽性初期乳がんには,アロマシン5年間投与が良好の効果を示す

がん臨床研究情報

閉経後ホルモン受容体陽性初期乳がんには,アロマシン5年間投与が良好の効果を示す

カテゴリ : 
論文情報
閲覧 (74)

 [更新日:2017年7月28日]

 閉経後のホルモン受容体陽性初期乳がん患者の術後内分泌療法として,タモキシフェンの2-3年投与後にエキセメスタン(商品名アロマシン)に変更し合計5年間投与する群とエキセメスタン5年間投与群の効果を評価するランダム化比較第III相試験(TEAM試験)結果が報告されています。Lancet Oncology誌のオンライン版に,この試験の10年追跡した結果が掲載されています。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません