TOP  >  がん臨床研究情報  >  論文情報  >  タモキシフェン5年投与よりタモキシフェン2-3年後にアロマシン投与が良好な効果を示す!?

がん臨床研究情報

タモキシフェン5年投与よりタモキシフェン2-3年後にアロマシン投与が良好な効果を示す!?

カテゴリ : 
論文情報
閲覧 (51)

 [更新日:2017年5月10日]

 エキセメスタン(商品名アロマシン)は,ステロイド性のアロマターゼ阻害薬として知られ,ホルモン受容体陽性閉経後乳がん患者に対して有効性が報告されています。ホルモン受容体陽性閉経後乳がん患者の術後補助療法として,タモキシフェン2-3年投与後にエキセメスタンに変更する群とタモキシフェンを継続投与する群の効果を比較したランダム化比較試験(IES試験)でも,エキセメスタンに変更した群が,有意に無病生存期間,全生存期間を改善することが報告されています。Journal of Clinical Oncology誌のオンライン版に,この試験の長期間追跡結果が掲載されています。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません