TOP  >  がん臨床研究情報  >  論文情報  >  進行肝細胞がんに対するドキソルビシンとネクサバールの併用効果

がん臨床研究情報

進行肝細胞がんに対するドキソルビシンとネクサバールの併用効果

カテゴリ : 
論文情報
閲覧 (1610)

[更新日:2010年12月22日]
 進行肝細胞がんに対して,ソラフェニブ(商品名ネクサバール)が全生存期間延長に効果的であることが報告され,日本でも承認されています。 Journal of American Medical Association誌に,進行肝細胞がん患者を対象として,ドキソルビシンとソラフェニブ併用群とドキソルビシンとプラセボ併用群の効果を比較する二重盲検,ランダム化比較第II相試験結果が掲載されています。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません