TOP  >  がん臨床研究情報  >  副作用対策  >  血管内皮増殖因子シグナル経路(VSP)阻害薬による高血圧のアセスメント,対処法に関する推奨

がん臨床研究情報

血管内皮増殖因子シグナル経路(VSP)阻害薬による高血圧のアセスメント,対処法に関する推奨

カテゴリ : 
副作用対策
閲覧 (2135)

 血管新生阻害作用を有する薬剤は,血圧上昇の有害反応があることが知られています。この有害反応に関して,着目し,本サイトでも度々取り上げてきました。Journal of National Cancer Institute誌に米国癌研究所のInvestigational Drug Steerin Committe of the National Cancer Instituteが設立したCardiovascular Toxicities Panel, Convened by the Angiogenesis Task Forceの 血管内皮増殖因子シグナル経路(VSP)阻害治療の高血圧の推奨が掲載されています。推奨とそれに関連する記述を抄訳したものを紹介します。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません