TOP  >  がん臨床研究情報  >  論文情報  >  アバスチンの消化管穿孔のリスクに関するメタ分析

がん臨床研究情報

アバスチンの消化管穿孔のリスクに関するメタ分析

カテゴリ : 
論文情報
閲覧 (2251)

 ベバシズマブ(商品名アバスチン)は,血管内皮増殖因子(VEGF)のモノクロナル抗体で,血管新生阻害作用を示す薬剤として知られていますが,高血圧や消化管穿孔,出血などの致死的な有害反応も引き起こすことがあると知られています。Lancet Oncology誌のオンライン版に,ベバシズマブの効果を評価したランダム化比較試験を用いて,ベバシズマブの消化管穿孔のリスクに関するメタ分析結果が報告されていますので,紹介します。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません