TOP  >  がん臨床研究情報  >  論文情報  >  ティーエスワンの薬物動態に及ぼすCYP2A6の影響を含めた効果予測因子

がん臨床研究情報

ティーエスワンの薬物動態に及ぼすCYP2A6の影響を含めた効果予測因子

カテゴリ : 
論文情報
閲覧 (1614)

日本癌治療学会の学会誌であるInternational Journal of Clinical Oncology誌に胃がんに対するS-1(商品名ティーエスワン)の効果予測因子に関する総説が掲載され,また,Clinical Pharmacology and Therapeutics誌に,非小細胞肺がん患者におけるS-1の薬物動態に及ぼすCYP2A6の遺伝子多型の影響を調べた研究結果が報告されていますので,これらの2報を紹介し,S-1の効果予測因子について考えてみたいと思います。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません