TOP  >  がん臨床研究情報  >  論文情報  >  ティーエスワンとシスプラチンの併用は進行胃がんの標準治療になるか?

がん臨床研究情報

ティーエスワンとシスプラチンの併用は進行胃がんの標準治療になるか?

カテゴリ : 
論文情報
閲覧 (2969)

 昨年の米国臨床腫瘍学会(ASCO)で進行胃がんの1次化学療法として,シスプラチンとS-1(商品名ティーエスワン)の併用が優れた効果を発揮することが報告されています。 この試験は,日本国内で行われたSPIRITS試験という進行胃がん患者を対象とするシスプラチンとS-1併用群とS-1単独群の効果を比較する第III相試験ですが,その結果がLancet Oncology誌のオンライン版に掲載されていますので紹介します。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失