TOP  >  業務案内  >  業務案内  >  DI・調査業務サポートサービス

種々の情報が錯綜している中で,患者さんへより適切な薬物療法を提供するために,これまでの臨床試験や新たな臨床試験などのエビデンス,薬物相互作用,有害反応の面から情報を提供し,DI業務をサポートいたします。

分子標的治療薬や抗体医薬など新薬が販売され,がん医療は進歩してきましたが,薬物相互作用や新たな有害反応対策が必要となってきています。

外来化学療法,地域連携が盛んに行われて来ていますので,弊研究所では,DI専任の薬剤師を雇う余裕がない病院薬局や調剤薬局のDI業務をサポートします。

世界的に医薬品の安全性対策が問題になってきており,日本でも問題になろうとしています。安全性対策を怠ると患者さんの信頼を失うどころか,経営も厳しくなると思われます。

このサービスをご利用いただき,患者さんにより質の高い薬物療法の提供を実現することで,病院薬局や調剤薬局の方々への信頼を高めて頂きたいと願っています。


抗がん剤の有効性と安全性対策を総合した医薬品情報を提供します。

例えば,新薬などの医薬品プロファイルを臨床上必要となる項目で整理し,臨床上注意すべき点をお知らせいたします。

また,ご依頼内容に応じて,文献検索を行い調査・報告いたします。地域連携パス作成に必要な文献,構造化抄録作成などにも応じます。


なお,個人でご希望があれば,個人契約でも受け付けます。

製薬企業,CRO企業,CSO企業でも,DI・調査業務サポートを希望される場合でも,受託いたしますので,お気軽にご連絡いただければ幸いです。

費用

弊研究所でその業務に関わった時間単位で請求させていただきます。

時間コストは1時間10,500円(税込み)を原則といたしますが,費用の見積もりをさせていただきますので,お気軽にお問い合わせ下さい。

費用の例

  • 文献検索に1時間,それらの文献の調査(論文の確認)に2時間,報告書の作成に1時間要した場合には,42,000円となります。これらの業務に精通する担当が行いますので,一般よりかなり安価で質が高いものを提供します。
  • 医薬品プロファイルの作成には,通常10時間以上必要としますが,マルチクライアントになる可能性がありますので,1品目10,500円から21,000円とさせていただきます(ご希望のフォーマットがありましたらお知らせ下さい)。
コンサルタント契約 研究デザイン・統計解析・報告書作成の受託

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失